Pinterest ユーザーの世界観で繋がるSNS


鳥取からこんにちは。TATSUYA SASAO(笹尾達也)です。

Pinterestというsns(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を2012年の一月頃に始めてから約三年が経ち、フォロワーが4500人を超え、総ピン数(総投稿数)は、5500を超えました。

自分のpinterestのURL:https://www.pinterest.com/tatsuyasasao/

自分の世界観を表現、構築するSNS、

自分は、現在Facebook、Twitter、Instergramに加え、このPinterestと計4つのSNSに参加しています。その中で、フォロワーが一番多いのが、このPinterestです。
Pinterestを約三年近くやっていて思うことは、Pinterestが自分の世界観を一番簡単に表現しやすいということです。Pinterestは、自分の興味あることをボードの数(自分の場合、26個)に分類して、ビジュアルを整理して表現できます。Pinterestで何故、世界観を表現できるというのは、おのずとピンを収集していくとそのユーザーのカラーや好みが良い意味で滲み出てくると思うからです。それがユーザーの世界観の一部だと思います。

ユーザーの世界観で繋がるSNS。

Pinterestは、大半がビジュアルに関する投稿を整理してまとめたものなので、言葉、言語が特に必要がありません。そのこともあってか、国籍を問わず、フォローしたり、フォローされたりします。そのことが、他の自分がやっているSNS(Facebook、Twitter、Instagram)よりフォロワーが一番多い(2015年2月22日現在:約4500人)のだと思います。

国籍を特に問わないためにそのユーザーが、構築、収集したピン(投稿)で、ユーザーの好きな世界観を表現することができます。同時に他のユーザーが、構築、収集したピン(投稿)からそのユーザーの世界観を感じることが出来きます。そのユーザーのPinterestのページを見ることで、そのユーザーがどのようなことに興味があり、どんな感覚の持ち主であるかもある程度、感じとれることができます。またfacebookやtwitterへのリンク標準装備であります。またblogやwebサイトへのリンクもあります。このように自己紹介のページとして、Pinterestを使うのもとても便利です。

Instagramのように写真を撮らなくても、Twitterのように自分の言葉でツイートしなくても、他の人が撮った写真やビジュアルに関する投稿を、収集するだけで、Pinterestでは、自分の世界観を表現できます。また、自分と似た感覚、センスの持ち主をフォローしたり、フォローされたりします。

自分のpinterestのURL:https://www.pinterest.com/tatsuyasasao/

結論・まとめ

あなたの世界観をPinterestで構築して、国籍を超えた交流をしてみて下さい。自分と似た世界観、感覚、センスの持ち主との出会いがあるかもしれません。また、他のユーザーの影響で、自分の世界観が広がるかもしれません。

http://pinterest-lab.com/pinterest-manual/
初心者でもわかるPinterest(ピンタレスト)の使い方 | Pinterestラボ

SNSのフォローをお願いします!

twitter twitter instagram Instagram

この記事を書いた人

TATSUYA SASAO

name : TATSUYA SASAO / 笹尾達也 / Tottori, Japan,
珈琲と邦画と本が好きです。横浜市 ✈︎ 鳥取県 (2015.11に移住.) 
▶︎詳しいaboutページ