一色だけの無印良品の小さめのクラフト付箋紙(ふせんし)を読書にシンプルに使う。


一色だけの無印良品の小さめのクラフト付箋紙

自分が愛用している、一色だけの無印良品の小さめの「クラフト付箋紙 約30×10mm・8本入・各100枚」がありました。現在は廃盤になりました。(2015/6/27)

一般的に売られている付箋紙は、何色か色分けがされていますが色の使い分けが面倒です。
そこで、一色だけの付箋紙を探していたところ見つけたのが、今回紹介する付箋紙です。

読書をするのに、重要な記述や大切なポイントがあったときに、あとで振り返るために自分は、線を引かずに付箋紙を貼るようにしてます。線を引くと本を痛めてしまいますし、安くしか売れません。

使い方は、簡単で本に付箋紙を貼る場所は、重要な記述や大切なポイントがあった記述のページ上部にします。

▲現在、無印良品で販売されている付箋紙で、使いやすい約30×10mmの大きさのものが販売されています。

現在、無印良品では様々な種類の付箋紙(ふせんし)が販売されています。
無印良品のサイト:[付箋紙のページ]

色分けはせずに一色だけの付箋紙を使う。

自分の場合、貼る付箋紙は、色分けはせずに一色だけの付箋紙を貼っていきます。色分けするよりも一色だけとシンプルに決めておくと、貼る時も考え方がシンプルですし、読書後にもその本を振り返る時にも重要な場所シンプルにたどり着けます。

自分が愛用している「クラフト付箋紙 約30×10mm」を一般的な大きさ(約50×15mm)の付箋紙と比較してみます。

f2
一般的な付箋紙の大きさは、上の写真の右端の付箋紙で大きさは、約50×15mmです。
(※▲この写真のクラフト付箋紙は、廃盤になりました。

上の写真の五百円硬貨の右の「クラフト付箋紙 約30×10mm」(廃盤になりました。)は、右端に置かれた一般的な付箋紙の大きさ(約50×15mm ※廃盤になりました。)に比べて小さくコンパクトです。

f3
上の写真は、実際にクラフト付箋紙を文庫本に貼った状態の写真です。

一般的な付箋紙の大きさ(約50×15mm ※廃盤になりました。)の付箋紙を比較できるように右端に貼ってあります。

文庫本のページ上部に付箋紙を貼ろうとすると案外貼るスペースが狭いものです。クラフト付箋紙 約30×10mm (※廃盤になりました。)」の大きさが大き過ぎす、文庫本のページ上部の狭い箇所にもコンパクトに貼れます。

現在は、「クラフト付箋紙 約30×10mm・8本入・各100枚」は、セール中(2015/6/20現在)だったので、自分は、勝手にこの商品は廃盤になるのかもと思いまとめて(20袋も!)買いました。

追記:「クラフト付箋紙 約30×10mm・8本入・各100枚」は、廃盤になっています。(2015/6/27)

無印良品のシンプルな使いやすい大きさの付箋紙

▲現在、無印良品で販売されている付箋紙で、使いやすい約30×10mmの大きさのものが販売されています。

定番のポストイットに一色版が出ました

定番のポストイットに一色版が出ました。オレンジや緑色など用途によって、単色で使いわけできます。

ふせんサイズ:44×12mm。
カタログのページや書類の分類、見出しに便利なサイズのポストイット付箋です。
12mm幅で文字も書き込めるサイズです。

amazonより引用

この記事を書いた人

こちらの記事もおすすめです

無印良品のブックエンド(スチール仕切板)で雑誌や書籍を整理

数年前から雑誌や書籍を立てて本棚に整理するのに、無印良品のブックエンド(正式名称:スチール仕切板)を使用しています。無印良品のこのブックエン (続きを読む>>)

約50分働いたら約10分休む ストップウォッチで仕事の時間の管理をする

この記事では、最近自分が会得したストップウォッチを用いた仕事術を紹介します。 約50分働いたら約10分休む。 フリーランスで仕事をしていると (続きを読む>>)

保温・保冷効果のあるのシンプルな水筒を購入しました klean kanteen

保温・保冷効果のあるのシンプルな水筒を購入しました。ブランド名は、klean kanteen(クリーンカンティーン)です。商品名は、klea (続きを読む>>)

アイスコーヒーの季節の始まり家で飲む珈琲グラス

関東地方では、桜の季節も終わり、新緑の時期も徐々に過ぎ去ろうとしています。今日は、買い物に行って、家で飲むアイスコーヒーの為に、天然水100 (続きを読む>>)