鳥取市の古本と器の修理のお店「邯鄲堂」さんを訪ねて


鳥取からこんにちは。TATSUYA SASAO(笹尾達也)です。

2015年の11月に神奈川県横浜市から鳥取県に移住してきました。

鳥取市の古本と器の修理のお店「邯鄲堂」さん。

普段は、バスを使って帰宅するところを、バスの待ち時間が2時間くらいと長かったため、徒歩で帰宅することにしました、2015年の11月に神奈川県横浜市から鳥取県に移住してから、鳥取市内を本格的に徒歩で散策したのは、初めてです。

歩きながら、ふと自分の目の前のそのお店の扉から、お客さんが出て行きました。その扉を振り向いてみると小さく「古本屋 営業中」の文字が書いてありました。古本と器の修理のお店「邯鄲堂(かんたんどう)」さんのお店に出会ったのはそのような時でした。

店内は、とても静かで、ゆっくりと本を選ぶことができました。関東に住んでいる時も古本屋さんは時々通っていたので、本を買うためにお店の本棚を眺めるのは、楽しかったです。

参考記事:古書を読む愉しみ。書店を訪ねて。https://tatsuyasasao.com/3023

古書を三冊購入しました。

kantandobooks1
「邯鄲堂」さんでは、古書を三冊購入しました。
村上春樹著「ザ・スコット・フィッツジェラルド・ブック」、北杜夫著「星のない街路」、文藝春秋編「心に残る人びと」の三冊です。

古本屋さんには、☆印や本の批評が示してありません。それなので、純粋にフィーリングで本を選びます。読書だけでなく、そういうことも楽しみます。出かけた先の徒歩での帰り道に偶然見つけたお店。通える範囲に素敵なお店があるのは、とても嬉しいです。

Information
古本と器の修理 邯鄲堂(かんたんどう)
邯鄲堂さんのblog「邯鄲堂の寝言」:http://kantando.blog.fc2.com/
営業時間、お休み等は、上記の店舗さんのblogでご確認して下さい。
住所:鳥取市吉方町2丁目311(新店舗)

map

この記事を書いた人

TATSUYA SASAO
name : TATSUYA SASAO / 笹尾達也 / Tottori, Japan, 地方移住者。珈琲と邦画と本が好きです。横浜市 ✈︎ 鳥取県 (2015.11に移住.)  (▶︎詳しいaboutページ

SNSのフォローをお願いします!

twitter twitter instagram Instagram