池松壮亮さん主演『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の上映が楽しみです


鳥取からこんにちは。TATSUYA SASAO(笹尾達也)です。

気になる映画の予告編が、webに公開されていました。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、5/13(土)新宿ピカデリー・ユーロスペースにて先行上映、5/27(土)全国公開です。
映画『横道世之』(参考:横道世之介 [DVD])以来、俳優の池松壮亮さんのファンだったので主演を知った時、とても興味がありました。監督は、映画『舟を編む』(参考:舟を編む 通常版 [DVD])で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ数多くの賞を受賞した石井裕也さんです。

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』予告

映画の上映が決まった時に早速、原作となった最果タヒさん(詩人)の詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」を購入して読みました。

彼女は2008年当時、女性としては最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞するなど、「いま最も新しい表現者」として注目されている詩人。

(引用元:「原作は最果タヒの詩集!石橋静河✖︎池松壮亮 出演 石井裕也監督最新作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』予告が公開! – シネフィル – 映画好きによる映画好きのためのWebマガジン」より)

現代の機微を表現される詩人である彼女の作品は、独特な存在感がありました。


△原作者の最果タヒさんのツイート。

愛おしい不器用さに溢れた、この映画が私の詩集をもとに作られたという、そのことが光栄でなりません。願わくは、多くの人に観てほしい。自分自身の「今」を不器用な手つきで抱きしめようとするすべての人に。

△最果タヒさんのメッセージ。 (引用元:石橋静河&池松壮亮が共鳴 石井裕也監督作「夜空はいつでも最高密度の青色だ」特報 : 映画ニュース – 映画.comより)

当blogで映画に関する記事を書くのは、2014年05月以来となりました。本当は、映画館で鑑賞したいのですが、鳥取では観に行くのは難しそうなので、DVDで観れる日を楽しみにしています。

原作となった最果タヒさんの詩集です。

映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)です。

この記事を書いた人

TATSUYA SASAO

name : TATSUYA SASAO / 笹尾達也 / Tottori, Japan,
地方移住者。珈琲と邦画と本が好きです。横浜市 ✈︎ 鳥取県 (2015.11に移住.) 
▶︎詳しいaboutページ

SNSのフォローをお願いします!

twitter twitter instagram Instagram