デスクから見える和やかな風景をフィルムで撮りました


Nikon New FM2 / Kodak Ultramax400

鳥取からこんにちは。TATSUYA SASAO(笹尾達也)です。

久し振りにフィルムで写真を撮りました。上の写真は自分のデスクからの風景で、自分の部屋の窓を開けると眺めることのできる裏庭です。都会の集合住宅にはなかった和む眺めです。四季の季節の移り変わりや一日の変化を感じることのできる場所で、とても気に入ってます。

最近、生花をフィルムで撮る機会がありました。フィルムで撮った生き生きとした生花の写真は、花が枯れても生きた姿を残してくれます。花は枯れてしまってもうここには存在しないのに、フィルムで撮った写真にはその生々しい姿を残してくれるのです。そのことに気づいた時、デジタルで撮った写真とフィルムで撮った写真の違いに気づき、撮る被写体も変わってきたように思います。ただ単に写すのではなく、生きた姿を残したい人や風景を撮るようになりました。

自分が、フィルムで撮った写真は、tumblrでも公開していますので、ご覧ください。
TATSUYA SASAO photography : http://tatsuyasasao.jp/ (tumblr)

今回は、Nikon NewFM2 ブラックの一眼レフで撮りました。レンズは、NIKON ニコン Ai-S 50mm F1.8です。フィルムは、コダック カラーネガフィルム ULTRA MAX 400 135 36EX 1本です。カメラ本体は、amazonのマーケットプレイスで購入しました。レンズは、ヤフーオークションで購入。フィルムは、amazonで購入しました。

今回使用したアイテム

△コダックのカラーネガフィルムは、amazonで購入しました。

△自分は、Nikon NewFM2 ブラックの一眼レフは、amazonのマーケットプレイスで購入しました。

この記事を書いた人

TATSUYA SASAO
name : TATSUYA SASAO / 笹尾達也 / Tottori, Japan, 地方移住者。珈琲と邦画と本が好きです。横浜市 ✈︎ 鳥取県 (2015.11に移住.)  (▶︎詳しいaboutページ

SNSのフォローをお願いします!

twitter twitter instagram Instagram