写真展 『鳥取にいるということ』 を開催します。鳥取県鳥取市のやまやさんにて、2017年12月2日より22日まで。

笹尾達也 写真展 『鳥取にいるということ』

鳥取市のやまやさんで、写真展 『鳥取にいるということ』 を開催します。自分が写真展(個展)を開催するのはおよそ7年振りになります。

写真展 『鳥取にいるということ』
期日:2017年12月2日(土)より12月22日(金)まで
営業時間:7:00から17:00まで
基本 火、水、日曜日がお休みですが、14、15日もお休み。12、13日は振り替えで営業します。

会場:やまや
住所:〒680-0822 鳥取県鳥取市今町1丁目129番地2号 【2017年12月22日まで】

やまやさんInstargram:https://www.instagram.com/yamayatoinimu
2017年12月22日までで店舗は閉店しました。

写真展 『鳥取にいるということ』について

鳥取には、幼い頃から夏休みなどに家族で帰省していましたが、滞在は一時的なものでした。写真を始めたのは、2001年です。2015年の11月に関東地方から生まれ故郷である鳥取に移り住んでからは、駆け足で過ごした二年間でした。
しかしこの二年間はとても濃密で、人々と出会い、懐かしい風景や新しい風景に出会いました。そして、2017年の4月にこの写真展の会場であるやまやさんの店主さんに出会い、およそ7年振りに写真展を開くことになりました。それぞれの人々が、それぞれの想いで同時代に鳥取にいるということ。この展示では、移住してからの二年間を自分のフィルターを通した自分なりの写真という表現を用いて『鳥取にいるということ』を構成しました。

写真展 『鳥取にいるということ』 展示作品

展示作品は、tumblrにアップしています。[ 『鳥取にいるということ』 展示作品 11枚 ]

作品は、ネガフィルムで自分が鳥取県で撮った11枚の写真から構成してあります。


▲写真展 『鳥取にいるということ』 に展示した作品。

写真展の会場。鳥取市のやまやさんのこと

写真展の会場になるのは、知人や友人の人づてに導かれるように出会ったやまやさんというお店です。珈琲と図書がメインのお店です。自分が横浜市から鳥取市に移住して一年と半年くらいで出会いました。店主さんとは、写真の話やフリーペーパーや本や映画の話などをして盛り上がりました。やまやさんには、気がつくと立て続けに三日間通っていた時があるくらいお店が好きになりました。鳥取の市内では、自分は自転車で移動する時が多いのですが、お店から自転車に乗って家に帰ろうとすると店主さんがよくお店の玄関の外まで出て見送ってくれます。心のこもった心遣いが嬉しいです。そんなお店をおよそ7年振りの写真展の会場に選びました。

やまやさんにお店の一角です。(出典:写真 やまやさんのInstargramより)

写真展 『鳥取にいるということ』
会場:やまや
住所:〒680-0822 鳥取県鳥取市今町1丁目129番地2号 【2017年12月22日(金)まで】
やまやさんInstargram:https://www.instagram.com/yamayatoinimu
※2017年12月22日までで店舗は閉店しました。

写真展を開くために参考になった書籍

▲およそ7年振りの写真展。我流で今まで写真展を開催していましたが、上の書籍がとても参考になりました。

この記事を書いた人

こちらの記事もおすすめです

写真作品の『うちなるぼくのふうけい』を出展しています。写真展『代表展』、鳥取県立博物館にて

本日(2019年1月16日)から1月20日まで、鳥取県立博物館にて開催されている、『代表展』という写真展(グループ展)に写真作品で参加してま (続きを読む>>)

写真展『cloudy』(2006年)

2006年8月、LOMOブームの中、東京都世田谷区のギャラリー世田谷233で、僕と八木一隆(Kauztaka Yagi)氏(https:// (続きを読む>>)

鳥取県で迎えた初めての新緑の季節

camera:sony NEX-5 & VSCO Cam™(app) 桜の季節のあとにやってくる、新緑の季節。 自分は、桜も好 (続きを読む>>)

【作例あり】Konica BIG mini fを中古で購入。お気に入りのカメラ

フィルムカメラで始めた写真 比較的、飽き性の自分が続けていることがあります。それは、写真を撮ることです。 自分の写真歴は、2001年頃にLo (続きを読む>>)