神奈川県横浜市から鳥取県に地方移住して、三年経ちました


今から三年前の2015年11月16日に、神奈川県横浜市から鳥取に移り住みました。

鳥取に来てから間もなく入った「移住の会」は、比較的高齢の方で構成されていました。そこで知り合った、年配の移住の先輩が僕に、「三年はいなさいよ。最低三年はいなさいよ。」と言ってくれました。ぼそっと。

最初はすぐには、その「最低三年いること」の意味や重要性はわからなかった。しかし、その内に「最低三年いること」がとても重要なことだと思うようになって、その言葉の真意を折に触れ考えたりしました。

「最低三年いること」という先輩が言ってくれた短い言葉は、苦しい時には三年経てば何かが変わる、何かが分かると思いずっと心の励みにしてきました。

今日(11月16日)は、その三年という期間にやっとたどり着いた日です。心細かった日々や苦しい日々もありましたが、三年前に比べると、鳥取に少しは慣れ、一回りは成長したと思います。

三年経った今、「最低三年いること」への「答え」が具体的にあるわけではありません。もっと明確な答えが出ると思っていましたが。それでも三年、鳥取で住み暮らしたのは、事実です。

「最低三年いること」とは

それでも、その移住の先輩のが言ってくれた「最低三年いること」は、ひとそれぞれ三年の中では色々なことや悩みがあるだろうが、「三年」という助走路の間、頑張り、諦めずに生活をしていたら、その土地に馴染むだろうし、不安だったことも経験に変わり、生きていく力がつくだろうということなのかもしれないと思うようになりました。「三年」という助走路を終えたら力がつき、羽ばたけるちからになるよ。そういうことだったんではないかなと解釈するようにしました。

今日の冒頭の夕焼けの写真は、三年前の鳥取に移り住む前日に、僕が関東の夕焼けを撮ったものです。その日の鳥取への希望に満ちた、そして不安を抱えた、それでも明日に向かう新鮮な気持ちをいつまでも忘れないでいたいからです。

地方移住に詳しいおすすめの書籍

▲『生きる場所を、もう一度選ぶ 移住した23人の選択(しごとのわ) 』は“移住”をテーマにした本ですが、その言葉だけに納まらない、同時代の働き方や生き方を紹介しています。
地方移住が、少しずつ定着してきた現在の指南書です。
「働き方」「生きる場所」を見つめ直すきっかけになります。

この記事を書いた人

関連する記事

鳥取に移住して出会った地元の三人。BOSKFLOWERSさん、TOMOKAZIさん、マユミナルド(Bento べんと)さん

鳥取に2015年の11月に移住して今月で約一年五カ月が経ちました。移住する前には、おぼろげにしか移住後の自分の姿は想像出来ませんでしたが、そ (続きを読む>>)

2017年、鳥取で新しい年の始まり、今年の抱負

だいぶ遅れましたが、blogでの新しい年の挨拶です。 2017年の一月も今日で最後です。上の写真は、大晦日に庭で撮った写真です。正月の花だと (続きを読む>>)

横浜市から鳥取へ移り住んで、一年が経ちました。

昨年(2015年)の11月16日に、横浜市から鳥取へ移り住んで、一年が経ちました。鳥取中部地震が、2016年の10月21日に起きる前までは、 (続きを読む>>)

HAKUSEN(ハクセン)さんを訪ねて | 鳥取県 湯梨浜町の東郷湖湖畔のカフェへ

& Premiumが「カルチャーのあるカフェ。」という特集を組んでいたので、& Premium (アンド プレミアム) 20 (続きを読む>>)